蓄熱暖房機が太陽光発電と相性の良い理由

オール電化にする事で住宅内部のエネルギーは全て電気のみとなります。
オール電化のメリットは、深夜電力による電気代が安くなるという事にあります。
また、オール電化に加え、太陽光発電の設備を導入する事で日中の電気は全て太陽光発電で賄う事が出来ます。
但し、雨の時や曇りの時の場合は、発電量が低下しますので、必ずではありません。

しかしながら、昼間の電気代は深夜に比べると割高になりますので、発電が可能になる昼間は太陽光発電の電力で賄えますし、余った余剰電力と言うものは、電力会社に売電を行えば電気代の節約にもつながります。

こうして考えると、オール電化と太陽庫発電と言うのはとても相性の良いシステムとも言えるのです。
深夜の安い電気を使ってお湯を沸かしておいて、貯湯タンクにお湯を貯めておく事で翌日の家事やお風呂にお湯を使う事が可能になり、電気代を節約する事が可能になります。
また、深夜の安い電気を使って暖房器具を動かし、蓄熱した熱で部屋を温められるシステムもあります。
これは昼間通電させずに部屋の中を温められるため、太陽光発電で発電した電気を使う必要がありませんので、その分売電の電力として回す事も可能になり、更にお徳になるのです。

Comments are closed.