蓄熱暖房機のメリット 

蓄熱暖房は電気を利用した暖房器具です。電気代が安くなる深夜電力を使用し、中に存在するレンガを温めます。日中は温めたレンガから放出される熱を利用し、暖房効果を得ることができます。放射される熱は、エアコンやファンヒーターのように風を起こさずに部屋全体に広がるので、ムラがなく快適に暖房を実感することができます。
夜に加熱し放熱もしているため、朝起きた時には既に暖まっており暖房が効くまで待つ必要がありません。火を使わずに加熱するので、火事や酸欠の心配がすくないです。燃焼しないため空気が汚れません。燃料の補充を行わなくていいことと、燃料によって別のスペースが必要になることがないのもメリットです。
風を起こさないので、ハウスダストやホコリが舞うことがないです。レンガの寿命は長いので、メンテナンス費用がかからないメリットもあります。熱の放出は朝から夜まで行われるので、一日中暖かい部屋で過ごすことができます。音がなく、燃焼の際にでる水蒸気や燃焼ガスが出ることがありません。
部屋が結露することを防止してくれるため、カビやダニの発生も抑制してくれます。放熱は常に一定で行われるため、部屋の温度も常に一定に保つことができ、温度変化による体の不調を防止することができます。

Comments are closed.