ガスストーブとの違い

ガスストーブと言うのは、都市ガスやプロパンガスをエネルギーとしているストーブです。
石油ストーブなどの場合は、石油と言うエネルギー源をその都度ストーブに供給しなければなりませんが、ガスの場合は住宅の中に常に供給が行われていますので、エネルギーを自ら供給する必要が有りません。

そのため、使いたい時にいつでも利用する事が出来ると言うメリットがあるのです。
しかしながら、石油ストーブもガスを利用しているストーブも火を燃やす事になります。
そのため閉めきった部屋で利用している事で一酸化炭素中毒になる可能性が高く、定期的に換気をしなければなりません。

それと、ガスを利用していますので、ガス代が高くなると言うデメリットもありますので、全てをガスに頼ってしまうと、冬時期のガス代が割高になる可能性も出て来るのです。
これは安い時間の電気を利用出来るという蓄熱型の暖房機器とは大きく異なる点ですし、一酸化炭素中毒との関連性も比較の対象となりえます。

蓄熱型の暖房機器の場合は、火を燃やす事をしませんので、一酸化炭素中毒になる事が有りません。
最近の住宅は機密性が高くなっていることからも、安全に利用が出来ると言うメリットがあるのです。

Comments are closed.