Archive for the ‘未分類’ Category

ガスストーブとの違い

ガスストーブと言うのは、都市ガスやプロパンガスをエネルギーとしているストーブです。
石油ストーブなどの場合は、石油と言うエネルギー源をその都度ストーブに供給しなければなりませんが、ガスの場合は住宅の中に常に供給が行われていますので、エネルギーを自ら供給する必要が有りません。

そのため、使いたい時にいつでも利用する事が出来ると言うメリットがあるのです。
しかしながら、石油ストーブもガスを利用しているストーブも火を燃やす事になります。
そのため閉めきった部屋で利用している事で一酸化炭素中毒になる可能性が高く、定期的に換気をしなければなりません。

それと、ガスを利用していますので、ガス代が高くなると言うデメリットもありますので、全てをガスに頼ってしまうと、冬時期のガス代が割高になる可能性も出て来るのです。
これは安い時間の電気を利用出来るという蓄熱型の暖房機器とは大きく異なる点ですし、一酸化炭素中毒との関連性も比較の対象となりえます。

蓄熱型の暖房機器の場合は、火を燃やす事をしませんので、一酸化炭素中毒になる事が有りません。
最近の住宅は機密性が高くなっていることからも、安全に利用が出来ると言うメリットがあるのです。

エアコンとの違い

エアコンとの大きな違いは、その暖房の方式にあります。熱を対流によって伝える形になりますので、風を使って熱を伝えることになります。吹き出し口から風がでてきますので音が気になったり、体にあたったときに不快だったり、乾燥が気になったりします。
それに対して、蓄熱式の場合には、輻射によって熱を伝える形になります。風が吹き出てこないので体に当たって不快感を感じることはありませんし、乾燥についても気なりませんし、ほこりが舞い上がるようなことにもなりにくく快適に過ごすことができます。
また、ファンの音もしませんので静かです。急激な温度変化を小さくすることができますので一日を通して快適な環境を作ることができます。体の芯から温めてくれるような、柔らかな暖かさを体感することができます。電気代についても夜間の安い電力を使用しますので、光熱費の面でもメリットがあります。一日中快適に過ごすことができますので、ペットのいるご家庭や、在宅時間の長い家族のいるご家庭でも便利に使うことができます。快適な環境を一日を通して作ることができるため、結露などの心配も少なく、アレルギーの原因となるカビやダニの抑制もできるなど衛生面でのメリットもあります。

お手入れ方法

蓄熱式の暖房装置を使用している場合、適切な時期に適切なお手入れをすることが大切です。必要なメンテナンスにはいくつかの種類がありますが、そのうち自分でできることはしっかりと行うことで機材を長持ちさせることもできます。またそのようなメンテナンスを行うことは熱効率を良くすることで省エネの効果も期待することができます。
例えば暖房機の本体であれば乾いた布でふき取るだけで十分ですし、落ちにくい汚れがあれば薄めた中性洗剤でふき取れば十分です。後は寒くなって暖房を使用するシーズンが近づいたら少し念入りにメンテナンスする必要が出てきます。吹き出し口や機器の周りのごみやほこりの掃除をする必要があります。また吸気口にフィルターがついているのであれば外してほこりを取るようにしましょう。この様な自分でできるメンテナンスは最低年1回は行うようにしましょう。
暖房装置の要であるファンについては年1回のペースで行えればそれに越したことはありませんが、自分ではできない業者に依頼して行う清掃になりますので2年に一回実施できれば十分です。正しいメンテナンスを行うことで暖房装置を長くトラブルなく使えるように心がけるようにしましょう。

使用上の注意

暖房器具は使う際に注意することがたくさんあります。まず上部や吹き出し口の前など、物をおくことは絶対してはいけません。上はそんなに熱くなることはありませんが、もし上のものが落ちてしまった場合吹き出し口をふさいだりして、火災の原因になったりします。
また吹き出し口は熱いので触れたりするとやけどの原因になったりします。特に乳幼児などがいる家庭では、わからずに触ってしまう場合もあるので、囲いのなかに設置してさわれなくする工夫が必要になってきます。乳幼児の皮膚は大変薄いので、大人より症状がひどくなってしまう場合があります。あとは設置する場所は壁から決められた距離まで離すことが大事です。これも排気など後ろに空気が流れるスペースがないと事故につながる場合もあります。あとは転倒防止の対策をきちんとしておくことが大事になってきます。地震などで転倒してしまうと、やけどや火災につながります。畳みのように柔らかい面にじかに設置したりしないで、かたい板などを敷いて安定させてから転倒防止装置を取り付ければ、ものすごく安全につながります。それぞれの暖房器具に付いている説明書をきちんと読んで、その通りに使用することが大事です。

輻射熱とは

熱の伝わり方には「伝導」、「対流」、そして「輻射」の3つがあります。
伝導は物体から物体へ熱が伝わることで、暖房器具でいえば湯たんぽのように、直接体にあてて暖を取るものがこれにあたります。
対流は温められた空気が上昇する性質によって熱を伝えることで、ファンヒーター、エアコンなどです。これらは器具自体はほとんど熱くなりません。温かな空気を吹き出すことで熱の流れを作り、部屋を温めていく方式です。
そして「輻射」は、遠赤外線の形で熱が伝わることです。焼いた石を置いておくと、石が熱を発するため、近くに寄っただけで温かい感じがしますよね。このときに感じる熱が輻射熱です。こたつや薪ストーブ、そして太陽熱も輻射熱に入ります。
蓄熱暖房機はこの輻射を利用しています。暖房機の内部に蓄熱レンガを設置しておき、夜中など、暖房を使用していない時間帯にレンガを熱しておき、熱を発生させるというしくみです。
蓄熱式の使用感は、「陽だまりのような」または「太陽のような」温かさといわれることがよくありますが、それは太陽と同じ性質を持つ輻射熱を利用しているためです。
遠赤外線の性質として、部屋の空気だけでなく、壁や床、家具などまでまんべんなく温めるため、部屋全体が温まり、戸の開け閉めをしても冷えづらいという特徴があります。ただし一方ではしっかりと温まるまでには時間がかかるというデメリットもあります。

設置に適している場所・適していない場所

設置に適している場所は、窓の付近や、換気吸気口の下です。こうした場所は外からの冷気が入り込みやすくなっているポイントです。
蓄熱式の暖房器具というのは、たとえば石油ストーブのように高い熱で室内を一気に温める性質のものではなく、輻射熱を利用してゆっくり温めていくものです。そのため、冷気が入り込んでいるとどうしても暖房効率が悪くなってしまいます。冷気が入り込むポイントに暖房器具を設置することで冷機を遮断し、部屋を温めやすくします。
逆に設置に適していない場所は、安定感のない床材の場所で、たとえば畳の上などです。蓄熱タイプのものはほとんどの場合、中に蓄熱材としてレンガがつめられており、かなりの重量があります。そのため、畳の上にそのまま置くと、畳がへこんで傷むだけでなく、器具の下がしっかりと安定しないため、倒れる危険もあります。畳の部屋に設置する場合は、その部分だけ切って、フローリングにする必要があります。
同様の理由で、毛足の長いじゅうたんや、クッションフロアも適していないため、木の土台を別に設置しなくてはなりません。
上記のように、このタイプの暖房器具は非常に重いため、設置の際は事前に床の補強をするのが基本になります。そうした工事ができない場所も、設置には向いていません。

蓄熱暖房機のデメリット

どんなものにもメリットがあればデメリットというものが存在します。暖房する仕組みとしてレンガを入れますが当然レンガというものは重い物です。
なのでその重量のお陰で必然的に機器自体が重くなってしまいます。そうなると床の耐久性に不安が出てくるので、重量に耐えられる床だったらよいのですがそうでない場合には床補強をしなければならず、その分のコストがかかることになってしまいます。それと機器といってもその仕組みとしては自然に暖房をするタイプなので、細かい温度の調節ができません。
なので暖房で暖かくなるのはいいですが、逆に気温によっては暑くなり過ぎてしまうこともあります。そして重量の問題もありましたが、それに加えて問題となるのがスペスーです。暖房という性質の関係上、使用するのは寒い冬場に限定される代物ではありますが、一度置いてしまうと易々と移動をさせることはできません。
配線のこともあるために置き場所を間違えると生活する上で邪魔な存在になってしまうということがあります。なので設置の際には配線のことも考えてどこに置けば邪魔にならないのか計画段階で決める必要が出てきます。環境にもコスト的にもメリットがあるものですが、こうしたデメリット部分のことを考えて利用しようとしましょう。

蓄熱暖房機のメリット 

蓄熱暖房は電気を利用した暖房器具です。電気代が安くなる深夜電力を使用し、中に存在するレンガを温めます。日中は温めたレンガから放出される熱を利用し、暖房効果を得ることができます。放射される熱は、エアコンやファンヒーターのように風を起こさずに部屋全体に広がるので、ムラがなく快適に暖房を実感することができます。
夜に加熱し放熱もしているため、朝起きた時には既に暖まっており暖房が効くまで待つ必要がありません。火を使わずに加熱するので、火事や酸欠の心配がすくないです。燃焼しないため空気が汚れません。燃料の補充を行わなくていいことと、燃料によって別のスペースが必要になることがないのもメリットです。
風を起こさないので、ハウスダストやホコリが舞うことがないです。レンガの寿命は長いので、メンテナンス費用がかからないメリットもあります。熱の放出は朝から夜まで行われるので、一日中暖かい部屋で過ごすことができます。音がなく、燃焼の際にでる水蒸気や燃焼ガスが出ることがありません。
部屋が結露することを防止してくれるため、カビやダニの発生も抑制してくれます。放熱は常に一定で行われるため、部屋の温度も常に一定に保つことができ、温度変化による体の不調を防止することができます。

蓄熱暖房機が太陽光発電と相性の良い理由

オール電化にする事で住宅内部のエネルギーは全て電気のみとなります。
オール電化のメリットは、深夜電力による電気代が安くなるという事にあります。
また、オール電化に加え、太陽光発電の設備を導入する事で日中の電気は全て太陽光発電で賄う事が出来ます。
但し、雨の時や曇りの時の場合は、発電量が低下しますので、必ずではありません。

しかしながら、昼間の電気代は深夜に比べると割高になりますので、発電が可能になる昼間は太陽光発電の電力で賄えますし、余った余剰電力と言うものは、電力会社に売電を行えば電気代の節約にもつながります。

こうして考えると、オール電化と太陽庫発電と言うのはとても相性の良いシステムとも言えるのです。
深夜の安い電気を使ってお湯を沸かしておいて、貯湯タンクにお湯を貯めておく事で翌日の家事やお風呂にお湯を使う事が可能になり、電気代を節約する事が可能になります。
また、深夜の安い電気を使って暖房器具を動かし、蓄熱した熱で部屋を温められるシステムもあります。
これは昼間通電させずに部屋の中を温められるため、太陽光発電で発電した電気を使う必要がありませんので、その分売電の電力として回す事も可能になり、更にお徳になるのです。